2011年12月22日

KNOPPIX

先日、会社でうちの部署が使っていたNAS (ネットワーク接続で共有して使うHDDのこと)が壊れてしまいまして。

ひとまず中身のデータを取り出さないと仕事にならないので、なんとか取り出そうと(後輩くんが)頑張ってたんだけども。このNAS、実は中身でLinuxが動いているらしくて、当然HDDもLinuxで使われる形式でフォーマットされており、WindowsのPCでは簡単には認識できないらしい。
(LinuxフォーマットのHDDを認識できるWindows用のフリーソフトとかもあるにはあるんだけどね。うちの会社では、ソフトを勝手にインストールするのは禁止されてて、いちいち申請→許可って手続きを取らないといけないので面倒なのよね)

なら、LinuxをインストールしているPCに接続すればいいじゃん? って話に当然なるわけですが、そんなに都合よくLinuxがインストールされてるPCなんか無いわけで(笑)
そこで、色々と調べてみたところ、KNOPPIXという名前のLinuxディストリビューションが便利だということが判明。
何故か私が自宅でKNOPPIXの媒体をダウンロードして、DVD-Rに焼き付けて、翌日に持参。

DVDブートでOSが立ち上がる(要するに、HDDへのインストールをしなくても起動できる)ので、今回のようにNASのデータ吸出しだけじゃなく、Windowsがデータ的に破損した時のデータ救済にもよく使われているらしいです。私は初めて知ったけども。

横で後輩くんが操作してるのを見てたけども、このOS、中々凝ったGUIをしていますなぁ。

基本は他OSのGUIと変わらないので、操作に苦労することは無いと思われます。

ただまぁ、基本的にはHDDを自動認識(Windowsで使われるNTFSフォーマットでも認識できてたよ!)してオートマウントするはずなんだけども、たまーに認識してもオートマウントしていないことがあるくさい。今回は、USBで接続したNASのHDDがマウントしていませんでした。
そんな時は、一応マウント用のGUIツールもあるんだけども、UNIX系OSに慣れてる人ならmountコマンドで手動マウントさせると早いようです。

うーん…これは、Windows破損用に、自宅でも1つ用意しておくと便利そうだね。
ってなことで。ダウンロードした媒体は残ってたので、自分用にも1つDVDを焼いておきました(笑)


壊れたNASの方は、データのほとんどを取り出し成功(必要なさそうなデータは取り出さなかったらしい)。
退職した人が使っていた遊休PCを一時的にファイルサーバ代わりにして、現在はなんとか仕事ができています。

そういえば、他の後輩くんが、新しいNASを買いに行ったんだけど、どうやら売り場にも、そしてメーカーの在庫にもNASが無いんだって。…そうか、タイの洪水でHDD不足に陥っている現在、NAS用にするHDDが無いってことなのね。
NASどころか、PC用のHDDすら不足になってるんだもんねぇ…これは時期が悪かったね。

 


posted by まぎ at 22:54| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。